このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
06-6948-6969
平日09:30~17:30
行政書士法人YUGE OFFICE
Administrative lawyer corporation Yuge Office
OSAKA・KOBE・KYOTO・NAGOYA・TOKYO・FUKUOKA・HIROSHIMA
Immigration Lawyer Visa application specialists agent YUGE office
TEL. 06-6948-6969
〒540-0034 大阪市中央区島町1丁目2-3三和ビル3F

外国人在日本生活时所需的签证
「在留资格」
此页为您介绍以下内容
我们对应大阪・神戸・京都・名古屋・东京・福冈・广岛等管轄区入管局。

  • 在留卡的看法
  • 可就劳、不可就劳的在留资格
  • 资格外活动
  • 「技术・人文知识・国际业务」
  • 「特定技能」
  • 「特定活动」
  • 「永住者」「日本人配偶」「永住者配偶」「定住者」
  • 外国人雇用状况详细记载的文书(届出)
  • 所属机关(雇用企业)和手续
  • 外国人建设就劳者等现场入场详细记载的文书(届出)
  • 外国人雇用时和雇用后的注意点

可用微信,LINE、Messenger免费咨询。

  • 联系电话
    平日09:30~17:30
  • 06-6948-6969
LINE咨询

代表致辞

可持续性的社会目标和价值观

 非常感谢您访问我们的网站。我们的目标是,通过在日本的生活,让世界各地的人们认识到日本的和平和公平,为世界和平作出贡献,并消除世界上的贫困、不平等和不公平。
我们的事务所有英语、葡萄牙语(巴西)、僧伽罗语(斯里兰卡)、他加禄语(菲律宾)和越南语、中文的翻译。我们的目标是通过让世界各地的人们了解日本的优良品质,为世界和平做出贡献,并消除差异和不平等现象。
不仅仅是为了获得报酬而完成代理业务,而是为了通过我们的工作将愿景变为现实。我们会面对每一个挑战,并为我们的客户找到最佳的发展方向。

合同会社ハッピーアトラクション
行政书士弓削事务所 代表 行政書士 弓削勇介

我们的facebook页面

見出し

请访问我们的Facebook网页

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

page view

在留卡的看法

表面

在留卡的表面包含个人信息,如在留卡号码、外国人的姓名、出生日期、国籍、在留身份(是否可以就劳)和在留期限(时间限制)。
  显示是否被允许工作,以及有效期。
   您可以在这里检查您的居留卡是否有效。

背面

  在留卡的背面,显示您最初登记的住址,搬家时变更的住址,您是否被允许打工以及您目前的申请状态等。

可就劳、不可就劳的在留资格证

 「在留资格」是允许外国人在日本合法工作、活动和居住的资格,其活动类型在《出入境管理和难民认定法》(移民法)附件1和2中规定,第2-2条。 根据《出入境管理和难民认定法》,进入日本的外国公民必须接受有关其居留身份适用性的审查,才能在日本居留。 每个居留身份可获得一个居留期,因此不能同时获得一个以上的身份或居留期。
 在雇用外国人时,需要注意的在留资格有不受任何限制的在留资格
只能在规定的范围内工作的在留资格针对个别的外国人指定不同的工作内容的在留资证,以上三种在留资格(签证)。

  不受任何限制的在留资格是授予外国人的身份,被称为基于身份的在留资格。 具体来说,有 "日本人的配偶或子女 "和 "永住者的配偶或子女",这是以日本国民或永住者的配偶或子女为基础授予的,"永住者 "是以以前的连续在留资格为基础授予的,以及 "永住者 "是以外国人的血统或法务大臣的通知为基础特别授予的。

 只能在规定的范围内工作的在留资格, 是根据外国人的职业和教育背景与雇用公司的兼容性而授予的,被称为与工作有关的在留资格。 其中包括「 技术・人文・国际服务」,它将广泛的工作内容合并为一个类别,「技术技能」,需要熟练的技能;以及 「特定技术技能1 」和 「特定技术技能2」,要求外国人通过考试或完成技术培训。 这些在留资格,只允许在被允许的在留资格范围内工作,从事属于其他在留资格的工作或单纯劳务有可能被视为非法工作。 原则上,单纯劳务不被认定为资格外活动。

 针对个别的外国人指定不同的工作内容的在留资证是指 ,允许从事居留身份所允许的活动以外的活动,即原来的居留目的不同,只允许为谋生而工作(如每周不超过28小时)。 具体来说,有 "留学"、"家族滞在"、"特定活动"等等。 当留学生被允许从事在留资格所允许的活动以外的活动时,将在护照上加盖印章,并在在留卡背面加盖印章。 留学生在长假期间每周可工作40小时,但家族滞在者不在此例。 此外,"特定活动 "的逗留目的和活动范围必须在指定书中确认。 由于在留资格原本就不是为了工作,如果留学生工作太多或者收入太高,很有可能无法获得下一次续签。
 原则上,在留资格外活许可期限与批准的在留资格期限相同。
 

资格外活动 

   资格外活动是指,申请从事居住身份不允许的活动并获得批准,则对其工作有特殊限制。资格外活动是在居资格下不能进行的活动。 原则上,留学生和家族滞在者可以每周兼职工作不超过28小时,以赚取生活费。 留学生在暑假和其他长假期间每周最多可以工作40小时。 对于那些具有就业身份,但由于新型冠状病毒的影响或社会衰退而失去工作的人,以及那些难以返回本国的人,为了暂时维持生计,临时允许从事在资格外活动。
   除了性产业的工作外,大部分工作都是允许的,也可以在建筑工地工作。

技術・人文知识・国際业务

在留資格「技術・人文知識・国際業務」とは,もともと別々の就労系の在留資格だったものが合体したものです。日本の就労系在留資格(いわゆる,ワークビザ)では,資材の搬入,掃除,雑工など単純労働とみなされる業務のみにつくことはできず,こと細かくどんな仕事ならしていいのかが決められています。在留資格が許可されるかどうかは,外国人の学歴・経歴などのバックグラウンドとこれから行おうとしている活動に関連性があるかどうかが審査されます。例えば,建築技術や土木工事についての大学等を卒業しているかどうか,立証可能な10年以上の実務経験があるかなどです。原則として施工監理やエンジニアと呼ばれる事務方の就労を前提としており,現業を行うような在留資格ではありません。

このほか,製造技術者,総合事務職,通訳,外国語講師,貿易事務職などがあります。

在留资格「技術・人文知识・国際业务」是取消了原来的「技術」、「人文知识・国際业务」的区分,合二为一。 根据日本的工作签证身份(所谓的工作签证),你不能只从事被视为简单劳动的工作,如搬运材料、清洁和打杂工。 是否给予签证身份,取决于外国人的教育背景与打算进行的活动之间是否有联系。 例如,该外国人是否毕业于大学或类似机构的建筑技术或土木工程,以及该外国人是否有至少10年的可核实的工作经验。 通常情况下,被称为建筑主管或工程师的办公室工作者为前提,而不是作为现场的工人。

其外,包括制造工程师、一般办公室工作者、口译员、外语教师和贸易办公室职位等。

具体技能

在留资格“特定技能”是为填补劳动力短缺而创造的在留资格,其适当性通过成功完成技能培训第 2 期或通过考试来判断。根据入管局的解释,这是“外国人从事需要相当多的属于特定行业领域的知识或经验的工作的在留资格”。特定技能1的在留期限最长为1年,可续签5年。特定技能2的更新次数没有限制。以下行业在建筑行业中得到认可。
・建筑木工 ・模板施工 ・跳跃 ・土方工程 ・混凝土泵送 ・室内装饰/外部 ・隔热 ・保冷 ・左军官 ・屋顶 ・喷涂聚氨酯绝缘 ・电信 ・隧道推进工程 ・钢筋施工 ・钢筋接头管道 ・施工机械制造・建筑钣金和海洋土木工程
还有三个制造领域,餐厅、食品制造、酒店和护理人员。

具体活动

法务部长官通知的在留资格“特定活动”约有49种,也有未通知的特定活动。 其中,特别允许工作的人也可以从事各种工作场所。 还有一项特定活动,暂时接受因新冠病毒影响而失业的外国人,并开展旨在满足具有特定技能的外国人标准的活动。

可用微信,LINE、Messenger免费咨询。

  • 联系电话
    平日09:30~17:30
  • 06-6948-6969
咨询LINE

永久居民,身份资格

“永住者”、“日本人配偶等”、“永住者配偶等”和“永住者”没有就业限制,因此您可以从事任何职业。 不仅可以进行简单的工作,还可以进行个人业务和公司管理。

外国就业状况通知(或就业保险)

外国人就业状况通知是所有雇用外国人的企业都有义务这样做的通知。 不仅招聘时需要通知,离职时也需要通知。 但是,如果您是有义务参加就业保险的外国人,则不需要多次申报,因为就业保险申报和营业额申报同时也是外国人就业状况的申报。

所属机构(受聘公司)及手续

用人单位聘用外国人的,必须签订劳动(雇佣)合同。该雇佣条件必须是与从事相同类型工作的日本人提供相同工资的合同。不言而喻,工资除以工作时间不得低于该地区的最低工资。更不用说根据劳动法的各个法律的待遇,如果您不缴纳居住税、国民健康保险/国民年金或社会保险并适当缴纳,将会对申请永久居留许可产生不利影响未来。增加。如果抚养人数增加,则居民税扣除额会增加,但请注意,在申请永住时,未支付养老金和免缴居民税的情况将是被动的。必需的。

劳动(雇佣)合同描述了劳动者所从事的工作内容,但是这个工作内容在外国人就业中是非常重要的。入国管理局将根据申请人的学历和工作经历、所从事的工作内容以及公司的业务类型之间的关系来决定是否允许作为申请人的外国人。即使实际工作描述适用于在留资格,根据描述方法,符合入管局判断的要求可能不被认可,可能会被拒绝。

在援引许可申请或行政许可的公职权的法律行为中,不可能从主管审查员的个人观点或感受给予许可,所以无论能看出多少事实和能力,证明的责任。在申请人一方。各种文件在此举证行为中非常重要。在何种情况下应准备和提交何种文件的判断取决于律师的经验。

入职时及入职后的注意事项

在贵公司就业获得在留资格后,雇用工人时必须办理的手续与日本人相同,但雇用外国人的公司报告外国人的就业状况。需要在最近的Hello办理工作(或与就业保险同时通知)。社会保险和特别居民税的征收与日本人相同。 《入管法》没有规定外国人必须签订全职正规就业合同,但如果就业条件太不稳定,则可能不予许可。我经常咨询工资金额,但可以与该地区同行业的日本人获得的工资金额相同。不一定是月薪,也不管是时薪还是日薪,更重要的是你支付的工作时间和工作天数。

以在留资格工作的外国人为中长期在留者,在取得在留卡的同时进行居民登记。如果您在找工作的同时搬到另一个地方,您将收到外国人居住地迁至您居住地的市、区、镇或村的通知。请注意,此居住搬迁通知也需要在搬迁之日起14天内完成,如果不这样做,可能会在下一次更新许可时获得短期逗留。

入国管理局受理在留期限届满前约 3 个月的在留期限更新许可申请。根据一年中的时间,入国管理局可能会拥挤,处理可能会延迟,因此请尽早申请。


我们的办公室接受来自不同国家的外国人的请求。当然,根据文化和宗教的不同,与日本人有一些差异,但即使在日本国内,文化也可能因地区而异。我的印象是,很多想在日本工作的外国人都对日本有很多了解,而且非常认真。如果您不遵守日本的规则和礼仪,您将无法在日本居住,并且您可能会在居住情况不佳的情况下失去您的在留资格。我们衷心希望能吸引到贵公司工作的优秀外籍人士,建立关系。
关于我们的办公室
About our office

事務所概要

社名 Administrative lawyer corporation Yuge Office/行政書士法人YUGE OFFICE
Happy Attraction LLC./合同会社ハッピーアトラクション
所在地

〒540-0034 大阪府大阪市中央区島町1丁目2-3三和ビル2F,3F

 Sanwa bldg.3F, 1-2-3, Shima-machi Chuo-ku, Osaka city.

TEL 06-6948-6969
設立
Establishment
2008年7月
代表者 Director 弓削 勇介 Yusuke Yuge
所属機関 大阪府行政書士会 第7510号
法務省出入国在留管理庁登録支援機関 19登-002270
事業内容 在留資格申請全般
会社設立
古物商許可申請
E-mail/お問い合わせ ayo@office-yuge.info
所在地

〒540-0034 大阪府大阪市中央区島町1丁目2-3三和ビル2F,3F

 Sanwa bldg.3F, 1-2-3, Shima-machi Chuo-ku, Osaka city.

access/アクセス

行政書士法人YUGE OFFICE
"Administrative scrivener" VISA Application specialists Yuge office

tel 06-6948-6969

■Telephone reception/電話受付
 09:30~17:30 JST ※Excluding Saturday,Sunday,holiday/土日祝除く
■E-mail
ayo@office-yuge.info
■access/アクセス
 天満橋駅より徒歩3分


STAFF

弓削勇介
Yusuke YUGE
代表/行政書士
Director / Administrative lawyer / Immigration application sepcialists.
シオタ・ユウスケ
広報・マネージャー,英語の通訳
Public relations, English translators, Article and post management.
ペレラ・サユリ
広報・シンハラ語と英語の通訳
Public relations, Sinhala and English translator.
カズミ・カルミンダ
ポルトガル語と英語の通訳/行政書士補助者
Portuguese and English translator.
Lawyer assistant.
チュア・ジョハンナ
タガログ語と英語の通訳
Tagalog and English translator.
大澤 優輔
行政書士
Administrative Lawyer.
ミウラ・ミユ
行政書士補助者
Lawyer assistant.
タティティン
ベトナム語の通訳
Vietnamese translation
アラタンサチラ
中国語の通訳
Chinese translatior.

まずは無料お問い合わせ

基本的な情報を入力後,送信ください。
担当者より返信をいたします。
Please enter the basic information and send it.
The person in charge will reply to you.
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

LINE・メッセンジャーでのご相談は無料で行っております

  • お電話でのご連絡は
    平日09:30~17:30
  • 06-6948-6969
LINEでご相談
Business contents/業務内容

在留資格・永住・帰化・翻訳文書
Residence status/Permanent/Naturalization/Translation document

くらしに関する行政の申請
Administrative application for living

会社やお店の経営、就職活動を行ったり、街で生活するために必要となる行政の申請書類作成はもちろん、証明書類の取得もお任せください。
Produce administrative application documents required for management of companies and shops, job hunting activities and living in the city. Acquisition of certification documents.

就労・起業のビザ
Visa for employment / start-up Business

新たに日本で就職する場合、就職先やしごとが変わった場合、起業をする場合などに必要な行政手続きをサポートします。
In the case of new employment in Japan, in case of employment change or work change, we will support necessary administrative procedures such as when starting a business.

翻訳文書の作成
Creating translation documents

各種申請で必要な証明書を日本語に翻訳します。日本の役所で届出をした受理証明書を翻訳します。
We translate necessary certificates into Japanese for various applications. I will translate the KOSEKI certificate of the Japanese city office.

結婚・子どものビザ
Spouse / Child's Visa

日本で結婚する場合、子どもが生まれた場合などに必要な行政手続きをサポートします。
When marrying in Japan, we will support the necessary administrative procedures, such as when a child is born.

永住許可・帰化許可
Permission for permanent residence and permission for naturalization

日本で今後も生活をつづけたい、日本国籍を取得して日本人になりたい人の行政手続きをサポートします。
We will support the administrative procedures of people who want to continue living in Japan, want to acquire Japanese nationality and become Japanese.

その他
Other

事業活動やくらしに必要な書類作成、申請手続きなどのご相談もお受けいたします。
We also accept consultation such as document preparation and application procedures necessary for business activities and daily living.

くらしに関する行政の申請
Administrative application for living

会社やお店の経営、就職活動を行ったり、街で生活するために必要となる行政の申請書類作成はもちろん、証明書類の取得もお任せください。
Produce administrative application documents required for management of companies and shops, job hunting activities and living in the city. Acquisition of certification documents.
ご依頼までの流れ
Flow to request

STEP

1

お問い合わせ Inquiry

お見積まで無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。依頼の案件に応じて面談を行います。ご希望の日時をご予約ください。
Please contact us freely because it is free to estimate. We will hold an interview according to the requested items. Please reserve your desired date and time.

STEP

2

ご面談 Interview

インタビュー予約料金をお支払ください。入金確認後ご面談にて、ご相談内容の詳細をお伺いします。申請者の個人情報や企業情報をヒアリングさせて頂きます。
Please pay interview reservation fee. After payment is confirmed, at the interview, we will ask you for details of the consultation content. We will interview the applicant's personal information and corporate information.

STEP

3

ご提案・お見積り Proposal and estimate

お客様に合わせた行政サービスとその申請手続きをご提案します。もちろんお見積り内容の他に請求はございません。お見積りの内容は、着手金、成功報酬、行政に納める手数料や税金となります。
We propose administrative services and application procedures according to customers. Of course, there is no charge other than estimate contents. The contents of the quotation will be the fee paid to the Mobilization fee, Success fee,  Administration fee and Taxes.

STEP

4

ご契約・申請書類作成 Contract and document preparation

提案内容にご満足いただけましたらご契約となります。誠実に業務に取り組みます。着手金の受領後に業務を開始します。
We will contract if you are satisfied with the proposal content. We will work on business in good faith.
After receipt of the Mobilization fee, we will begin work.

STEP

書類完成のご報告 Report preparation

ご依頼頂いた書類の作成が完了しましたら、すぐにご連絡いたします。
完了報酬の受領とお引き換えに申請を代行します。
入国管理局、法務局、領事館、市役所などへの行政書士の同行をご希望のお客様は日時をご予約ください。
We will contact you as soon as the creation of the requested documents is completed. Receive the completion fee and apply.
If you wish that an Lawyer should accompany the Immigration Bureau, the Legal Affairs Bureau, the Consulate office, etc. Please reserve the date and time.

STEP

1

お問い合わせ Inquiry

お見積まで無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。依頼の案件に応じて面談を行います。ご希望の日時をご予約ください。
Please contact us freely because it is free to estimate. We will hold an interview according to the requested items. Please reserve your desired date and time.

LINE・メッセンジャーでのご相談は無料で行っております

  • お電話でのご連絡は
    平日09:30~17:30
  • 06-6948-6969
LINEでご相談

よくある質問 FAQ

Q
料金はいくらぐらいが相場ですか?相談のみでも料金はかかりますか?
How much is the rate? Is there a charge for consultation alone?
A
フェイスブックメッセンジャーを使っての相談は無料です。直接お会いして相談する場合は相談料がかかります。
Consultation using Facebook Messenger is free. Consultation fees apply if you meet and consult directly.
Q
行政手続きの相談のみでも大丈夫ですか?
Is it okay with consultation of administrative procedures?
A
行政手続きのご相談にも喜んで対応させていただきます。お客様それぞれに合わせたご提案を致します。
We will be happy to respond to your consultation on administrative procedures. We will make suggestions according to each customer.
Q
料金はどうやって決めているのですか?
How do you decide the price?
A

申請までにかかる時間、コスト、私たちがあなたに提供できる知識と経験をもとに報酬を決めています。過剰に安い金額では経営が赤字になり、あなたへのサポートの質が低下します。誠意ある仕事をするために必要な報酬を設定しています。
The rewards are based on the time, cost and the knowledge and experience we can provide to you. If the amount is too low, management will be in the red and the quality of support to you will decline. We have set the rewards needed to do a good job.

Q
私は今留学生です。学校を途中で退学して就職することができますか?
I am an international student now. Can I drop out of school and get a job?
A
あなたは現在通学中の学校の学歴を使うことはできません。 あなたが以前にどこかの大学を卒業していた場合、あなたが履修した学科に対応する仕事を見つけることができます。
You can not use the educational background of the school you are currently attending. If you have graduated from a college somewhere before, you can find a job corresponding to the course you took.
Q
私は留学生です。 留学ビザを就職ビザに変更することはできますか?
I am an international student. Can I change my study abroad visa to a job visa?
A
卒業前に就職先の会社が見つかった場合、就労ビザに変更することができます。 卒業しても仕事を見つけられない場合は、就職活動をするためのビザに変更することができます。
If you are find a company where you are place of employment before graduation, you can change to a working visa. If you do not find a job even after you graduate, you can change to a visa for job hunting.
Q
私は技能実習生(研修生)です。 この先も日本に滞在したいのですが、就職ビザを取得することはできますか?
I am a technical interns trainee now. I want to stay in Japan in the future, can I get a job visa?
A
残念ながら、技能実習生のビザでは期間を更新することはできません。 滞在期限が切れる前に帰国してください。 帰国後、日本への留学や日本での就職の準備をしてください。
Unfortunately, technical interns' visas can not update the period. Please return home your country before your stay expires. Please prepare for studying abroad in Japan or finding employment in Japan in since you returned home.
Q
私のビザの期限がもうすぐ切れます。 在留期間を更新できますか?
My visa expires soon. Can I update my period of stay?
A
はい、あなたの仕事や家族の関係など、ビザの内容を変更しない場合は、比較的簡単な書類を作成して在留期間を更新することができます。
Yes, if you do not change the visa's contents, such as your work or family relationship, I can create a relatively simple document and update the period.
Q
永住申請をしたいのですが、条件はどのようになっていますか?
I would like to apply for permanent residence, but what are the conditions like?
A
原則として10年以上日本に滞在し、在留資格や就労ビザで日本に5年以上継続して住んでいることです。そして、現在3年以上の在留期間が付与されていることです。
しかし、あなたの状況によっては、10年間の居住経歴が短くてもよい場合があります。
As a general rule, you have lived in Japan for over 10 years, of which you have lived in Japan at residence visa or work visa for over 5 years continuously.And that the current period of stay is over 3 years.
However, depending on your situation there may be cases where your 10year residential career is short.
Q
元夫(元妻)や知人に今の私の現状を知られたくないです。また役所に必要以上の情報を知られたくないです。
I do not want my husband (former wife) and acquaintance to know my current situation. I do not want the government office to know more information than necessary.
A
行政書士は、日本の法律のもとで機密保持の義務があります。
私たちはあなたの情報と秘密を守り、依頼された職務と関係のないこと、依頼者が望まないことで他人に情報を提供いたしません。
Administrative scrivener has a duty of confidentiality under Japanese law.
We will keep your information and does not provide information to others by not relevant with delegated mission, something the client does not want.
Q
外国人と国際結婚をしたいのですが手続きはどうすればいいですか?
I would like to get an international marriage with a foreigner. How should I proceed??
A
手続きには、日本で先に法的な婚姻手続きをする方法と、外国で先に法的な婚姻手続きをする方法があります。外国の手続きは、その国の方式に従って適法になされれば夫婦となり、その証明書類を添付して日本の役所に婚姻届を提出するだけです。この場合、夫婦の一方の日本人のみで届出ができます。これを「報告的届出」といいます。
日本で先に婚姻手続きをする場合は、日本人は戸籍謄本をつけて(本籍地役所に届出る場合は不要)独身であり、適法に婚姻できることを証明します。外国人は「婚姻要件具備証明書」というものを添付し、外国語を日本語に翻訳した文書も添付する必要があります。婚姻要件具備証明書は、国によって求められる書類が変わります。大体が、独身証明書や宣誓供述書(AFFIDAVIT)です。このほか、役所によって違いがありますが、出生証明書や両親の婚姻証明書、パスポートのコピーも必要です。原則、両者が出頭して婚姻届が受理されますが、役所または国籍によっては、日本人の婚姻と同様、日本で生活する一方のみの届出で婚姻届出が受理される場合があります。
フィリピンなど、法律により協議離婚を認めていない国籍の人が日本人と離婚した場合は、離婚日から100日を過ぎれば、一定の書類をつけて日本での婚姻届出が受理され、日本においては法的な夫婦となります。
婚姻の書類が受理され、問題なく婚姻が成立すると「婚姻届出記載事項証明書」という証明書が取得できます。これと受理証明書をつけて入管へ配偶者ビザの申請をします。原則として、配偶者ビザ申請においては、男女に関係なく日本で生活する一方が扶養する形で申請することとなります。したがって、日本での収入が少なければビザが不交付となることがあるので注意が必要です。

There are two ways to go through the procedure: first to marry in Japan, and first to marry in foreign countries. Foreign marriage proceedings become a couple if they are made legally in accordance with the country's system, and all they have to do is attach a certificate and submit a marriage registration to the Japanese government office. In this case, you can only report on one side of the couple. This is called "Houkoku teki notification".
If you are going to marry first in Japan, you will need to attach a copy of your family register (unnecessary when you report to the Honseki chi) and prove that you can marry properly. Foreigners need to attach a “Marriage Requirements Certificate” and also attach a document that translates the foreign language into Japanese. The required documents for marriage requirement documents vary depending on the country. Mostly a single certificate or affidavit (AFFIDAVIT). Besides this, there are differences depending on the government office, but you also need a birth certificate, a marriage certificate for your parents, and a copy of your passport. As a general rule, although both parties appear and a marriage registration is accepted, depending on the government office or nationality, as with a Japanese marriage, a marriage notification may be accepted only by notification of living in Japan person.
When people of nationality who do not allow divorce by law, such as the Philippines, divorced from Japanese, after 100 days from the day of divorce, a certain document will be attached and a marriage notification in Japan will be accepted, and in Japan I will be a legal couple.
If the documents of the marriage are accepted and the marriage is established without any problem, you can obtain the certificate of "Marriage Kisai jikou shoumeisho certificate". Apply for a spouse visa for immigration with this and an acceptance certificate. As a rule, when applying for a spouse visa, it will be applied in the form of support while one living in Japan person's, regardless of gender. Therefore, care should be taken as visas may not be issued if the income in Japan is low.
Q
料金はいくらぐらいが相場ですか?相談のみでも料金はかかりますか?
How much is the rate? Is there a charge for consultation alone?
A
フェイスブックメッセンジャーを使っての相談は無料です。直接お会いして相談する場合は相談料がかかります。
Consultation using Facebook Messenger is free. Consultation fees apply if you meet and consult directly.

報酬額の目安
About average fee

永住許可申請 13万円
帰化許可申請 16万円
会社設立 11万円
古物商許可申請 5万円
飲食店営業許可申請 3万円
契約書・事実証明文書 3万円
契約書・事実証明文書 3万円
在留資格認定申請・変更許可申請
13万円
在留期間更新許可申請 5万円
国際結婚(外国人同士) 8万円
国際結婚(日本人と外国人) 6万円
在留資格相談(面会・ビジネス) 1万円
在留資格相談(オンラインでの個別相談・身分系・永住) 5千円
在留資格相談(面会・ビジネス) 1万円
具体的な報酬額の決定は相談後にお見積りをいたします。
郵送費・交通費・翻訳費・証明書料等実費が別途必要です。
日当は,4時間以内につき1万円/1日2万円です。
事案により成功報酬を定める場合があります。
上記報酬額は目安です。条件により変動いたします。

LINE・メッセンジャーでのご相談は無料で行っております

  • お電話でのご連絡は
    平日09:30~17:30
  • 06-6948-6969
LINEでのご相談

個人情報保護方針 / Privacy Policy

行政書士弓削事務所は、入国管理局、その他官公庁へ申請する許認可申請における書面作成、申請代行並びに公証役場での各手続きを行い、依頼者様の円滑で公平な行政サービスの享受に資するための委任業務を提供しています。当社では事業運営上多くの依頼者様の個人情報を取扱うこととなるため、行政書士倫理綱領に基づいて本方針を定め、個人情報管理体制を確立し、企業として責任ある対応を実現するものとします。

 

一、個人情報の利用の目的を特定し、当該目的の達成に必要な範囲内で取扱います。また、目的外利用を行なわないための措置を講じます。

二、 個人情報は、適法かつ適正な方法で取得します。

三、 個人情報は、本人の同意なく第三者に提供しません。

四、 個人情報の管理にあたっては、漏洩・滅失・毀損の防止及び是正、その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるよう努めます。

五、 個人情報保護に関する法令を遵守し、事務所内の管理体制につき継続的な見直しを行います。

六、 個人情報保護に関する苦情及び相談に対応する窓口を設けて、適切に対応するよう努めます。

The administrative scrivener Yuge office conducts document preparation, application substitution and procedures at the notary office in the application for permission to apply to the Immigration Bureau, other government offices, and to contribute to the enjoyment of smooth and fair administrative services of the client We provide delegation services. Since we will handle personal information of many clients on business management, we will establish this policy based on the Code of Ethics of Administrative Scrivener, establish a personal information management system, and realize responsible responses as a company I will. 

1. Identify the purpose of using personal information and handle it within the range necessary for achieving the purpose. We also take measures to prevent non-purpose use.

2. We will acquire personal information in a lawful and proper manner.

3. Personal information will not be provided to third parties without your consent.

4. In managing personal information, we will endeavor to take necessary and appropriate measures for prevention and correction of leakage, destruction and damage, and other safety management.

5. We will comply with laws concerning personal information protection and will continuously review the management system within the office.

6. We will set up windows to respond to complaints and consultation concerning personal information protection and make efforts to respond appropriately.

 

行政書士法人YUGE OFFICE 代表社員 行政書士 弓削勇介

令和4年10月18日改訂

 

行政書士倫理綱領

行政書士は、国民と行政とのきずなとして、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命とする。
行政書士は、使命に徹し、名誉を守り、国民の信頼に応える。
行政書士は、国民の権利を擁護するとともに義務の履行に寄与する。
行政書士は、法令会則を守り、業務に精通し、公正誠実に職務を行う。
行政書士は、人格を磨き、良識と教養の陶冶を心がける。
行政書士は、相互の融和をはかり、信義に反してはならない。